成功するには、単にプロジェクトを上手くこなすのではなく、適切なプロジェクトを実行する必要があります。

最近の資産管理に関する議論では、ISO 55000規格が必ず取り上げられます。ISOは、最高クラスの資産管理実務に関するガイダンスを提供し、組織が「資産から最大の価値を実現する」ための規格を発表しました。

一言でいうと、最も高い価値をもたらし、そしてみなさんの会社の戦略に最大限合致するプロジェクトに投資するために「正しい」事柄を選択することです。

またそれは、何を実施するのか、いつ、誰によって、どのように評価されるのかについて説明している、成功に向けたロードマップを作成することでもあります。この計画では、リスクを管理して利用できる予算とリソースを尊重しながら、最適なパフォーマンス水準で資産を運用し続ける方法について取り組む必要があります。

シンプルに聞こえますが、これは簡単な作業ではありません。特に、数万、あるいは数百万にも及ぶ多様な資産を持つ組織では大変な作業となります。

資産投資の計画および管理(AIPM)は、組織が適切な時に正しいことを実施するために利用できるリソースを集中させることができる、進化する統制です。AIPMが支援できること。

  • 多様な資産の長期的ニーズを予測。
  • 最大の価値を実現する、投資ポートフォリオの最適化。
  • 最高の実行パフォーマンスを維持するポートフォリオ管理。

AIPMが持つ3つの原則が導入されると、組織は確信を持って複雑な投資判断を下すことができるようになります。

予測する。 資産管理者は、企業資産のニーズを予測して実現可能な投資戦略を策定し、そのニーズを満たすことに力を入れる必要があります。 ここでのキーワードは、「実現可能な」です。すべての資産に対して理想的な実施事項を特定することだけではありません。なぜなら、求められているすべての「理想的な」実施事項を実行する余裕がいつもないからです。実行することができ、実行するのに十分なリソースを備えた戦略を提案する必要があります。これは、戦略の第2部が始まる箇所です。

最適化する。 投資要件が利用できる予算やリソースを超えている場合は、手持ちの予算とリソースで最大の価値をもたらす計画を策定する必要があります。すべてを実行できない場合は、一部の投資を延期することを検討したり、代替方法を評価してニーズに取り組む必要があります。価値に基づいた意思決定は、リスク、コスト、パフォーマンス間の難しいトレードオフをする上で役立ち、利用できる資金とリソースに対して、常に資産から最大の価値をもたらす計画を実行できるようになります。

管理する。 最善の計画でさえ、期待通りに実行されることはありません。予想外に発生する作業、遅延、コストの超過はすべて、元の目的を果たす上での組織機能に影響します。実際の支出と業績は元の計画と比較する必要があり、差異が露見した場合は、将来を見据えて計画を再度最適化し、組織は常に最大の価値をもたらす活動に集中します。継続的に計画を立てるこのプロセスは、クラス最高の資産投資戦略において不可欠な部分となります。

AIPMは、より高い価値をもたらす投資判断を行い、ステークホルダー対してその判断を正当化させるのに役立ちます。

このサイトは開発サイトとして、wpml.orgに登録されています。